熱がすっかり下がっても

私は便秘にきく食べ物を毎日食べています。

何かと言うと、それはバナナプラスヨーグルトです。

来る日も朝食べています。

食事するうちに、便秘が解消してきました。

あれほど頑固で、ひどかった便秘が治って便秘薬を飲むことも終えました。

今ではポッコリしていた腹部も、痩せてきていて嬉しいです。

腸や体の健康に乳酸菌が良いというのはみんな知っています。

でも、乳酸菌は胃酸にさらされるので、積極的に食べても胃酸で死んでしまって効果はあまり期待できないのではというふうに期待していない人もいます。

実は乳酸菌が生きているかどうかは重要なことではなく摂取するだけで腸内の免疫機能を充実させて、身体の健康づくりになってくれるのです。

赤ん坊がインフルエンザをうつされたら、はなはだ大変なことになりかねません。

まだ体力がしっかりしていない赤ちゃんですから、インフルエンザの高熱に、体力がついていけるかが不安ですし、インフルエンザで亡くなることも想定できるでしょう。

インフルエンザ患者が多い時には、赤ちゃんを外の空気に触れさせない方が確実かもしれません。

私は花粉症になってしまってから、乳酸菌飲料を摂取するようにしました。

2年前より花粉症を発症してしまって、くしゃみと鼻水がでっぱなしです。

お薬を飲むことは避けたいことだったので、テレビで取り上げていた乳酸菌サプリを飲んでみました。

今は、花粉症を抑えられています。

インフルエンザに感染したことが判明すると学校の出席が5日間できなくなります。

もし、インフルエンザに感染してしまっても、発熱は数日で治まるので、つい、登校する気になってしまうかもしれません。

熱がすっかり下がっても、堰やくしゃみなどにウィルスはまだ残っており、他人にうつしてしまう危険性があります。

なので、お休み期間は守ることが集団感染予防には大事なことです。

気にする人もいますが、乳酸菌を多く摂りすぎても特に副作用を心配する必要はありません。

ではありますが、いくら体に良くてもヨーグルト等で過剰摂取すると、カロリーオーバーとなる可能性もあります。

消化吸収できる量にも限界というものがあるので、常識的な範囲を守っておくと確かでしょう。

屁による臭いに悩んでいる方は乳酸菌を積極的にとってください。

実はおならが臭いをもたらす原因は腸内の悪玉菌にあるとされているのです。

なので、お腹の中の善玉菌を増加させ、悪玉菌の増殖を防止する働きのある乳酸菌を継続して摂取することで臭いを和らげることができます。

俗にいう乳製品以外にも、乳酸菌入りの食品があると知り、一体乳酸菌て何だろうと調べてみました。

そうしたら、実は乳酸の菌という意味ではなくて、化学反応で乳酸を作り出す菌類のことになるのだそうです。

これって知ってましたか?私は30年以上生きてきて、初めて知った事実です。

ずっと先天性のアトピー性皮膚炎を患っており、子供の頃は、親からの虐待を心配される程、悲惨な見た目でした。

ありったけの方法を試してみても、殆ど、効果がなかったのに、別の場所に引っ越したところ、信じられないくらい肌がキレイになり、我慢できない痒みもなくなりました。

思い切って住環境を変えるのも、アトピー治療に向くのかもしれません。

乳酸菌サプリメントと言えば、何てったってビオフェルミンです。

子供の頃から存在していたサプリであり、便秘や下痢やお腹が痛む時でも、決まって私のお腹を守ってくれていたのでした。

「人には人の乳酸菌」とコマーシャルで言っていますが、私には効果が得られる乳酸菌サプリとは、やはりビオフェルミンなのです。

わたしの母は重度のアトピー患者です。

どうやら遺伝していたようで、私もアトピーを発症しました。

肌がボロボロになってしまって、日々保湿を欠かすことができません。

スキンケアをしっかりしないと、外出も厳しいのです。

母を憎んでも仕方ないですが、もしかして、子供にも遺伝するかもしれない思うと、悲しい気持ちになります。

ここ最近ですが、アトピー性皮膚炎の治療法で使われる薬剤は、年々高い効能になっています。

当然ながら、必ず医師の指導の下で適正に使用するということが大事です。

仮に、異なる治療方法や医薬品を試したい場合には、医師の指導を受けるか、セカンドオピニオンを活用するといいでしょう。

自分だけで判断することは好ましいことではありません。

最近は毎年恒例のように冬になるとインフルエンザが大流行することが続いています。

年々予防注射で予防する人も上昇しているようですが、都市部ではかなりの人数がインフルエンザになっています。

いくつも感染経路は可能性がありますが、公共交通機関や街中、職場など、多数と接触する場所で感染することが考えられます。

通常、アトピー性皮膚炎にかかっている人の角質層はセラミドという成分がなにもない状態の皮膚よりも少なくて、肌の水分を保つ力や守る役割が減っています。

ここを補って健康な状態に戻すには、保湿することがとても大事です。

そのために、お肌の表面を保護して、保湿剤を使う事が必要とされるのです。

というよりも、インフルエンザは風邪と比較すると違うものと聞きます。

症状は1日から5日あたりの潜伏期間後、急な高熱となり、3日から7日程度それが続きます。

型によって、筋肉や関節の痛み、腹部の痛みや下痢など症状に少しのが見られます。

しかし、肺炎をおこしたり、更には脳炎や心不全を起こす事もあるため、怖くもある感染症です。

結構、ヨーグルトは便秘解消効果があるといわれますが、私が体験してみると、多くの量を食べないと、効果があまり感じられません。

1日につき1パック位食べて、お通じがようやくあるぐらいです。

ヨーグルトを食べるのが好きな人はいいですが、嫌な人もジャムで味を変えたりしてできるだけ摂取するとよいでしょう。

屁の臭いに悩んでいる方は乳酸菌が効果があります。

おならの臭気の原因は腸内の悪玉菌にあるとされているのです。

なので、腸内にある善玉菌を増やし、悪玉菌が増えるのを防ぐ役割をする、乳酸菌を摂ることで臭いを和らげることができます。

乳酸菌をどう選べばよいかというと、とりあえずは、これ!と思う乳酸菌の商品を試すことがオススメです。

このごろは、乳製品の味をしていない乳酸菌飲料もありますし、乳酸菌サプリも販売されています。

腸まで届く仕様の乳酸菌飲料を初めて試してみたとき、翌日、トイレから出られない状態なったので、試すのは休日の前がおすすめです。

乳酸菌には多数の健康作用がありますが、特に整腸作用に効き目があるとのことです。

お腹の中の善玉菌数を増やすことで腸の中が活発になり体の中に溜まっていた便が出やすくなります。

その為、便秘や下痢が緩和されます。

乳酸菌を常に飲むことで腸を整える効果が強まります。

私がなぜ便秘になったかというと、日頃の運動が足りないせいでしょう。

通勤も毎日車なので、あまり歩く事もありません。

飼い犬などもいないので、散歩にも行きません。

そのような事情で、私は便秘なのだろうと思うのです。

でも便秘を少しでも軽くするため、今日からウォーキングを始めることにします。

興味のある人はこちらからどうぞ

熱がすっかり下がっても